釣一番のページ

釣一番HP


仕掛け     撒き餌     釣り方     ポイント・時合い

クロダイ・フカセ釣のすすめ 

ページTOP
チヌ(クロダイ)は釣るのが難しいからとカサゴやアイナメ、根魚釣に走っている人。 チヌ釣をやってみませんか? チヌの釣り方は様々です。 ミャク釣、ブッ込み、団子釣り、落とし込み、かかり釣、等々 釣り場も堤防、地磯、沖磯、筏と様々で、いったいどれに手を出せば良いのか迷うこともあるでしょう。 しかし逆に言えば、どこでも釣れる、どんな釣り方でも釣れるということです。 実際にチヌはどこにでもいますし、エサもなんでも良いです。私は弁当のウインナーで釣ったことがあります(笑)。 では具体的に、どこでも釣れるなら足場が良い防波堤、車横付けならなお良いですね。 エサもあまり拘らずにオールシーズン使えるオキアミが便利ですね。 この条件をベースとしたチヌ釣について説明しましょう。

仕掛け作り

チヌフカセ仕掛け 最も釣りやすい釣法はフカセ釣です。(あくまで私の持論です)
その理由は追々わかってくるとして、まずは仕掛けの説明です。

竿:はっきり言って何でもOKですが、5mくらいの長さが良いでしょう。
リール:普通のスピニングリール
道糸:私は2号くらいのを使ってます
ハリス:フロロカーボン 1.5号、防波堤なら45cm前後のチヌまでは大丈夫
針:チヌ針 2~3号くらいかな?
ガン玉:ウキに合った号数
潮受けゴム:からまん棒
ウキ止め:ウキ止め糸(なんでも良い)
その他:コマセ用バッカン、杓、水汲みバッカン、マゼラー等
あっ!タモもお忘れなく。必需品です

さて、上記で足りないものは?・・・・ウキですね。 ウキには少し拘りたいです。 アタリが解りやすいという意味で棒ウキにしましょう。
引き込む際になるべく抵抗が無い細いのが良いです。
ところで棒ウキの弱点はというと、風によってフラフラと傾き、アタリが解り難いっていう事ですね。 そこで、風の影響を受けにくいウキとなると、水面から上は細く、且つできるだけ多く水面下に沈んでいる。 こういうウキは風によって傾くのを水の抵抗で支えてくれます。 それが自立型の物であれば更に安定してくれます。(まっすぐに立っている状態) また、水中の面積が大きいという事は潮の流れを受けやすく、仕掛けをチヌのいるところまで運んでくれます。 私は防波堤のチヌ釣りでは遠矢ウキ(SP400-0.8号または300S-0.5号)を使用しています。 夜間は電気ウキですが同じような選定理由でこういうやつ⇒ハピソン(Hapyson) 5点発光ウキ 0.8号 (念のために言っておきますが、釣り具メーカーの手先ではありません)

では仕掛け作りです。 当然道糸を竿のガイドに通します。次にウキを通し、からまん棒を通したらサルカンに結びます。 ハリスを同サルカンに結び、1ヒロ半の長さでカット。ハリスは1度は引っ張って巻き癖を取っておくこと。 先端にハリを結びます。 サルカンの上部に、ウキの負荷に対応したガン玉を取付。 最後にウキ止め糸を電車結びで結べば仕掛けの完成です。
メッチャ親切でしょ!

撒き餌の作り方     クロダイ・フカセ釣Top

次は撒き餌作りです。 撒き餌といっても種類も多く、どれを選べば良いのか解り難いですね。 従ってこれもあまり凝り過ぎないように、成功パターンを見つけたらこれに固定する方が無難です。 種類を変えれば特性が変わってしまいますから。
さて、チヌは何処でエサを食べるのでしょう? 水面近く、中層、低層と季節や潮流によっても変わる要素はあるでしょうけど、基本的に確率が高いのは 底だと思います。中層では潮の流れとともにエサも流れてしまい、散ってしまうので釣りにくいという 事もあるのかもしれません。 一方底は比較的潮流も緩やかです。(川の流れでも、表層はきつくて底は緩やかです) その流れの緩いところにエサが沢山あればチヌの方から集まってきてくれますし、長時間滞留させることも 出来ます。 つまり、ここに溜める撒き餌を作れば良いことになります。 その条件は、1.中層で流されずに底まで沈むこと。2.あまり細かくバラけずに時間が稼げることの2点です。 そのためには底まで塊で沈んでくれるように、ある程度粘りのある撒き餌にします。 私の必勝パターンです。

通常の配合
ベース:チヌベスト1袋(茶色いやつです)・・・他に比べると比較的安価です
配合剤:チヌパワースペシャルMP 1袋(場合によっては半分でも可です)・・・集魚効果に加えて粘りを出します 
オキアミ:1/4ブロックを買ったらそこから刺し餌分を適当にとって残りを混ぜます・・・多すぎるとエサ取りが集まります
その他:状況が悪ければ押し麦等を適当に混ぜます。(後からヒラヒラと落ちてくる感じ)
水深が竿2本(10m)以上ならベース材を日本海に変えます。(重くて早く沈む)
チヌベスト MP nihonkai
混ぜる時の加減は「しっとり」っていう感じで、パサパサやベチャベチャにならないように手で触って確認する

釣り方     クロダイ・フカセ釣Top

MP さて、いよいよ釣り方ですが、撒き餌作りで述べたようにチヌは底でエサを食べます。(いや、食べさせます) 底に撒き餌を溜めたのは良いが、肝心の刺し餌が中層を漂っていたのでは意味がありません。 刺し餌を海底に届けるためには仕掛けのタナとりが大切です。 しかし、海の中です。水深を正確に知ることはできません。 そこで、前述した仕掛けとは別に大きめのゴム管付き錘を準備します。 ウキの負荷錘の数倍が望ましい。(ウキが1号の場合、仕掛けにつけた錘も1号。そこに2号程度のゴム管付き錘を準備) ゴム管付き錘のゴム管に針を刺します。 これで一度仕掛けを投入すると仕掛けよりも水深が深ければウキは沈みます。 逆に浅ければウキが浮いています。 ウキ止めの位置を調整し、水深ぴったりに合わせます。 ここからは勘になりますが、潮流が速ければ仕掛けは流されて斜めになりますので、その分長めに設定します。 合わせたらゴム管付き錘を取り外します。 これで水深と仕掛けが合いました。経験上、刺し餌が海底から10cm以内が最も悔いが良かったです。20cm以上 離れると食いが悪くなります。また、食いが悪い場合は水深よりも仕掛けを深くすることもあります。 (所謂、這わせというやつです) しかし、チヌは海底に沈んだ餌を食べると言っても海底にへばり付いた餌よりも少し浮いている方が目につきやすいでしょう。 かといって、大きく浮いていると見えにくいか違和感を感じます。 なぜなら海底の餌を食べようとチヌは下を向いているから。
さぁ、釣りましょう。 まず、撒き餌を杓で数杯投入します。 最初だけは適当に散らしても良いですが、以降はなるべく同じ位置に投入しましょう。 そこに刺し餌を付けた仕掛けを投入しアタリを待ちます。 最初からアタルと思わないことです。チヌが集まってくるまでは辛抱です。 ウキが潮を受けて流れますが、そのまま自然に流してください。
ワンポイント:撒き餌を投入した地点よりも数m潮上から流すとよいです。 仕掛けが底まで沈んでから撒き餌の位置に到達するように心掛けます。

いかがですか?このように一つ一つに理屈をつけていくと容易に釣れる気がしませんか?
アタリが出たら合わせます。
アタリにも数通りあります。ウキの挙動で見分けます。
⓵突然一機にウキが沈む:即合わせでOKです
⓶一瞬、少しだけ沈んですぐにウキが浮いてくる:これは前アタリの可能性が大です。  合わせてもかかりませんので、そのまま待ちます。その後に本アタリが来るでしょう。
⓷ジワジワと5mm程度ずつゆっくりと沈んでいく:できるだけ待ちましょう。辛抱強く。  仕掛け投入時の状態からウキが5cmくらい沈んだら合わせます。
以上でチヌをGetです。

釣り場と時合     クロダイ・フカセ釣Top

次に釣り場の選定です。 これまでに説明した中でも触れましたが、大切なのは底に撒き餌を溜めること。このことから考えると、 あまり潮流が速くないほうが良い。一方、まったく流れないと撒き餌の匂いが離れた場所のチヌに届かず、 集魚効果が発揮できない。したがって、潮がゆっくりと流れる場所。 港内なら広い直線部分。堤防の最先端は意外と潮が速いため、先端から1ブロック手前あたりが良いかも。
時合は季節や場所によって様々ですが、満潮の1時間前や1時間後はチャンスです。 潮が止まりかけ、動きかけっていうタイミングです。
朝夕の間詰めも良いですね。 私は夜明けから1~2時間後に満潮になるような日は結構いい思いをしています。 このようなときは夜明けの1~2時間前から釣り始めます。そうすると夜明けころには十分に撒き餌が効いて 満潮まで入れ食いです。
そうなると良いですね(笑)

P.S.
水深と仕掛けの深さを合わせても、潮の満干に伴いズレが生じてきますので、こまめに再調整をしましょう。
仕掛け     撒き餌     釣り方     ポイント・時合い

グレ・フカセ釣のすすめ

ページTOP
グレは基本的に磯の魚です。 しかし、場所によっては堤防周りでも釣れます。 グレ釣の一番の魅力はなんといってもその引きの強さでしょう。 グレは主に2種類、口太グレと尾長グレになりますが、口太グレの30㎝クラスによる 引きはクロダイの40㎝クラスに匹敵すると思います。 とにかく下へ下へと強い引きが楽しめます。 更に尾長グレになると同様の強い引きが長く続き、ようやく水面まで上げてきても また底まで潜られることがあります。 食味もクロダイに比べて旨味があり最高です。

仕掛け作り

グレフカセ仕掛け 仕掛けの前に、ライフジャケットと磯ブーツは必需品です。絶対です。 何よりも自分の命が大切です。
磯が濡れていると滑ります。 かつて堤防近くの地磯にスニーカーで行って、平らな斜面に立ったら両足ともにツルツルって 滑り出し止まらなくてビビりました。
磯では濡れて滑ることもありますがノリがついていると絶対に磯ブーツでないとダメです。 底にスパイクがついているタイプでよいと思いますが、フェルト+スパイクのタイプだとより 安心かと思います。
釣法は基本的にフカセ釣です。
竿:磯竿5mくらいの長さがですが、穂先は1.5号程度が無難だと思います。 私は通常1.25号、大きいのが来そうな時は1.75号を使用しています
リール:普通のスピニングリールでも良いですが、レバーブレーキタイプが好ましいです。 ただし、少し慣れる必要があるかもしれません。
道糸:私は2号くらいのを使ってます。太いと安心ですが、風の影響を受けやすくなります。
ハリス:根ずれするのが前提と考えてください。フロロカーボン 1.75号、45cm前後のグレ までは無理をしなければ大丈夫。
針:グレ針 3~6号くらいを使い分けています。
ガン玉:ジンタン5~8号(メッチャ小さいですがその理由は後で解ります)
潮受けゴム:からまん棒
ウキ止め:使用しません
その他:コマセ用バッカン、杓、水汲みバッカン、マゼラー、タモ等

さて、ウキですが、様々なウキがあり人によって拘りがあります。 前述のクロダイ編ではアタリがわかりやすいといことを優先しましたが、ここでは少し異なります
アタリがわかる前にアタリが無ければ、つまり喰ってくれなければなんともなりません。
堤防のクロダイは基本的にこませを打ち、底にクロダイを集めてつります。 しかし、グレは潮の流れに載せ、中層から上層を釣ります。 これはつまり、グレが餌を喰うタナが変化するということです。
以前はこのタナを探り、固定仕掛けで同じタナを繰り返し流していました。 釣れなくなるとタナを深くしたり浅くしたりと探りますが、タナがあっていないのか 魚がいないのか、はたまた流し方がいけないのか試行錯誤が尽きません。 次に全層釣法で上層から底まで探るようになりました。 更に全層釣法を基本に、いろいろ試した結果、今の釣法に落ち着いています。
この仕掛けの狙いは
⓵刺し餌がこませのオキアミと同じ速度で沈むこと
⓶仕掛けごと縦にどこまでも深く探れること
⓷仕掛けごと潮に乗って横に探れること
⓸魚が刺し餌を吸い込んだときにウキの抵抗を感じないこと
ということでチョイスしたのはエイジア01というウキです。
Asia では仕掛け作りです。
まず竿にリールをセットし、道糸を通したらそこにハリスを直結します。 ハリスの長さは10m以下といいますが、私は6~7mを使用します。 ハリスの先からウキとからまん棒を通し、先端から1.5~2ヒロ程度で固定。 ハリス先端に針を結びます。これで完成です。
とてもシンプルです。
針は飲まれれば大きく、かかりが浅いときは小さくというように調整します。
刺し餌のオキアミは頭を取り、針に沿って丸く刺します。必要以上に大きな餌は 喰い込みを悪くするだけです。
もう少し原理をいうと、まず仕掛けを投入すると刺し餌の自重で沈んでいきます。 これは針の重さを除けば撒き餌のなかのオキアミと同じです。 仕掛けが馴染んだ時点でからまん棒を固定した深さになっています。仕掛けが馴染むと ハリスの自重がウキにかかります。ウキよりも上側のハリスも沈もうとします。 つまりウキは下から引っ張られ、上から抑え込まれることでゆっくりと沈んでいきます。 この沈む速度が極力撒き餌と同じになることが理想です。 また、ウキの上側ハリスと道糸を少し張ってやると沈み始めます。
刺し餌とハリスの自重で沈む速度がコントロールできました。 同時にウキは海面ではなく海中の潮を受けますのでそれに乗って流れていきます。 縦に探りながら横にも探ることができるということです。 無理に沈めようとせず、潮の流れに任せるのが良いでしょう。そのためには 糸を張らず緩めずといった感覚を心掛けています。
自然に沈め且つ流しながら、ここにコマセが同調したら魚は喰ってきます。 魚が刺し餌を喰おうと吸い込んだ時、ウキ止めをつけていませんので ハリスが殆ど抵抗なくウキをすり抜け、しっかりと喰いこませることができます。 しかし、糸を緩めすぎているとこのアタリが分かりません。
如何でしょう。ウキ止めをつけない理由、糸を張らず緩めずにする理由がここにあります。
風等で海面の流れが速すぎて刺し餌が表層を流れて行ってしまうような場合は最低限のオモリを付けます。 私は喰わせオモリとして、針の5㎝程上に0.7号程度を一個だけ打つことが多いです。
この仕掛けは全遊動仕掛けによる全層釣法に横の釣を加えた感じですが、I氏達が推奨する1000釣法という 釣り方を自分なりに理解して活用させてもらっています。

撒き餌の作り方     グレ・フカセ釣Top

次は撒き餌作りです。 グレの撒き餌も拘ればきりがなく、またコストもかかります。 私もいろいろと試してみましたが、ある時期から撒き餌の配合を固定にし、 とことん使いこなすことを心掛けることにしました。 なぜなら撒き餌は潮の流れや風によって沈み方やばらけ方が多様に変化します。 そこに配合剤の違いが加わることで更に複雑になります。 その特性の違いを理解して仕掛けの操作や釣り方を変化させることは至難の業に 思えたからです。
ということで現在使用している配合剤ですが、
⓵生オキアミ3㎏×2枚
⓶マルキュー V9 ×1袋(安いです)
⓷マルキュー 超遠投×1袋
⓸刺し餌 上記の生オキアミを少し小分けして取っておく
     エサ取りが多い場合はボイルオキアミを使用
以上を水を加えて混ぜます。

V9 Ento
混ぜる時の加減は「しっとり」っていう感じで、パサパサやベチャベチャにならないように手で触って確認する

釣り方     グレ・フカセ釣Top

釣り方ですが、前述のようにグレは仕掛けを流しながら釣ります。 したがって流れる仕掛けと撒き餌がうまく同調することが重要です。 刺し餌には針の重さが加わっていますので撒き餌のオキアミよりも早く沈みます。 そこでまず撒き餌を数杯撒きます。それから少し時間をおいて仕掛けを投入すると 刺し餌が撒き餌を追いかけるように沈みます。
仕掛けが馴染んだら(ウキ下のハリスが張ったら)そこからは仕掛けの持つ速度で 沈みます。この時の速度が撒き餌の沈む速度と同じになることをイメージしてください。
これで縦の時間差がイメージできたら、次は横です。 潮は流れますので時間をあけて同じ場所に仕掛けを投入すると、撒き餌はすでに そこの下にはありません。あけた時間にどれだけ流れるかを見極めて、その分だけ下流に 仕掛けを投入します。 そうすることで仕掛けが馴染んだ時に撒き餌と同調して同じ速さで沈みながら流れてくれます。
それでも各々の速さが全く同じということは稀ですから、深い棚で同調させたいときは 撒き餌と仕掛けの投入位置を離すことが必要です。 また、そうすることでグレのタナよりも上層でエサ取りに喰われるリスクも減ります。
仕掛けを投入してアタリを待つときはリールをオープンベールにし、手で余分な糸が 出ないように加減しながら流します。
この仕掛けでは喰い込み時の抵抗がありませんので、アタリは比較的はっきりと出ます。
糸を指でつまんでいるとクンクン・・・グイッという感じ。
最も気持ちが良いのはガツン・・・グイッ・・・糸がバチバチバチッと出ていく感じ。クセになります。
思い切って合わせましょう。ただし、無茶合わせをして糸が切れたり竿を折ったりしない程度に!
慣れないうちはベールを倒し忘れて合わせてしまったり、レバーブレーキを解放したまま合わせてしまったり して糸が絡まるトラブルが発生しがちです。 突然のアタリにも落ち着いて一つ一つの動作を確実に行ってください。
後は魚との駆け引きを十分に堪能ください。ご健闘を祈ります。

釣り場と時合     グレ・フカセ釣Top

釣り場ですが、グレ釣り場は基本的に磯場ですので渡船屋さんにお任せです。 磯に渡ったらとにかく足元に気を付けてください。 一度、磯の高いところに上がってみて周囲を見渡し、釣り座を決めるのも良いです。 深くなっているところ、底に大きなシモリがあるところ、潮と潮がぶつかるところ など、いろいろやってみてください。 各々の磯で、またその日の状況で釣れるポイントが異なりますので、一概に書くことができません。
時合はそうですね、潮止まりでなければ常にチャンスはあると思います。 特に、潮が止まる前や動き始めは沢山良い思いをさせてもらいました。